北海道の観光名所のおすすめ大公開!プロ厳選TOP30!【2023年】
北海道の観光名所でおすすめはどこ?
北海道の観光名所でおすすめできる最高のスポットを本ページではご紹介!

大通公園」や「札幌市時計台」、「白い恋人パーク」等の大人気スポットに加え、 プロしか知らない隠れ家的おすすめスポットも含めて、 『厳選おすすめTop30』を大公開します!
目次
  1. 大通公園:綺麗な花がたくさん!
  2. JRタワー展望台T38:38階の展望台
  3. 北海道庁旧本庁舎:赤れんが!
  4. 札幌市時計台:札幌のシンボル的存在
  5. サッポロビール博物館:サッポロビールの歴史を学べる
  6. 札幌市円山動物園:ホッキョクグマ!
  7. 大倉山展望台:夜景!
  8. 白い恋人パーク:お菓子のテーマパーク!
  9. 藻岩山:ロープウェイで山頂まで行ける!
  10. さっぽろ羊ヶ丘展望台:クラーク博士の銅像!
  11. 青い池:青く見える!
  12. 旭山動物園:100種類を超える動物がいる!
  13. 小樽運河:ガス灯で照らされる!
  14. 函館山:夜景が美しい!
  15. 新千歳空港:店舗・施設がたくさん!
  16. 神の子池:神秘的な雰囲気がある
  17. ファーム富田:ラベンダー!
  18. 四季彩の丘:広大な畑にたくさんの花!
  19. オンネトー:さまざまな色に見える湖
  20. 阿寒湖:阿寒摩周国立公園内の湖
  21. 千歳アウトレットモール・レラ:アクセスしやすいアウトレットモール!
  22. 青の洞窟:小樽にある洞窟!
  23. ニッカウヰスキー余市蒸溜所:蒸留所内を見学できる
  24. 黄金岬:綺麗な海と夕日を楽しめる
  25. 神威岬:積丹半島最西部の岬!
  26. 登別マリンパークニクス:登別の水族館!
  27. 洞爺湖:約70.7㎢の面積がある湖!
  28. ウポポイ:アイヌの事をたくさん学べる
  29. 大雪山国立公園:自然を堪能できる公園!
  30. パッチワークの路:季節ごとに異なる景色が綺麗!
   

第1位 大通公園

北海道の観光名所のおすすめ30選 1位:大通公園(引用)

大通公園は、東西に約1.5kmと細長い形をしている公園です。
公園内はサンクガーデンゾーンや遊び・イベントゾーン、水と光のゾーンなどさまざまなゾーンに分かれています。  

特にサンクガーデンゾーンにはたくさんの花が植栽されていて綺麗で、その花を見ながらのんびりと散歩できます。
年間を通してイベントもたくさん開催されていて、毎回大きな賑わいを見せています。  

北海道の観光名所のおすすめ30選 1位:大通公園
                (引用)
特に人気のイベントはさっぽろ雪まつりです。

さっぽろ雪まつりは例年2月に開催されている雪の氷の祭典で、会場内にはたくさんの氷像が設置されています。


どの氷像も細部まで作りこまれているため完成度が非常に高く、見応え充分です。

滑り台やスノークラフトなどで遊べる場所も中にはあり、お子様もより楽しめるようになっています。

北海道観光ガイド編集部
綺麗な花に癒される!
北海道観光ガイド編集部
さっぽろ雪まつりは毎回像のクオリティーが凄くて圧倒される!

こちらの動画もご参考ください!

 


住所 北海道札幌市中央区大通西7丁目
営業時間 24時間営業
定休日 特になし
料金 基本無料
アクセス 西8丁目駅より徒歩約2分 JR札幌駅より車で約6分
駐車場 周辺施設に駐車場有
駐車料金 駐車場による
電話 011-251-0438
URL https://odori-park.jp/

第2位 JRタワー展望台T38

北海道の観光名所のおすすめ30選 2位:JRタワー展望台T38引用

JRタワー展望台T38は、札幌駅に直通しているJRタワーの38階にある展望台です。
360度見渡せるようになっていて、展望台のどこにいても札幌の綺麗な景色を楽しめます。  

北側角には「圧倒的解放感を独り占め」をコンセプトにしたトイレも設置しており、一面に広がる景色を見ながらほっと一息つけます。

普通のトイレとは解放感が全く異なり、是非どんな物か味わってみて下さい。

北海道の観光名所のおすすめ30選 2位:JRタワー展望台T38
                 (引用)
展望台内にはカフェが作られていて、ソフトリンクやお酒を飲みながら休憩もできます。

絶景を目の前にして飲む飲み物はまた美味しく、おすすめです。


他にはJRタワーの眺望点を飾るアート作品が飾られている所もポイントです。

どの作品も際にまで拘って作ってあるため面白く、見応えがあります。

北海道観光ガイド編集部
夜景が特に綺麗で、彼女とまた来たい!
北海道観光ガイド編集部
遠くの山まで見渡す事ができ、景色が最高!

こちらの動画もご参考ください!

 


住所 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5−番地 受付:JRタワーイースト6F(札幌ステラプレイス イースト6F JRタワー 38F
営業時間 10時~22時
定休日 年中無休
料金 一般料金 大人740円 中高生520円 小学生・幼児(4歳~)320円
アクセス JR札幌駅から徒歩約7分
駐車場
駐車料金 有料
電話 011-209-5500
URL http://www.jr-tower.com/t38

第3位 北海道庁旧本庁舎

北海道の観光名所のおすすめ30選 3位:北海道庁旧本庁舎引用

北海道庁旧本庁舎は、北海道庁の本庁舎として以前使われていた建物です。
地元の人からは赤れんがの愛称で親しまれており、建物内では北海道、札幌に関するジオラマや絵画など色々な物が展示されています。


北海道の歴史を学びたい人にはおすすめの場所で、たくさんの事が分かります。

赤い絨毯が敷かれた玄関ホールはタイムスリップしたかのような雰囲気も受けられて、撮影スポットとしても有名であるため写真も撮ってみて下さい。

北海道の観光名所のおすすめ30選 3位:北海道庁旧本庁舎
                (引用)
北海道庁旧本庁舎の周辺には自然も溢れていて、春には桜やライラック、夏にはハマナス、秋には紅葉などと一緒に見る事もできます。

どの時期もとても綺麗な上に、季節により異なる表情を堪能できる所も良いです。


冬には雪やイルミネーションとの組み合わせも楽しめるようになっています。

いつも以上に幻想感溢れる景色が広がっていて、こちらもおすすめです。

北海道観光ガイド編集部
歴史を直に感じられて、貴重な時間を過ごせる
北海道観光ガイド編集部
周辺に撮影スポットが作られている所も良く、たくさん写真を撮影できる

こちらの動画もご参考ください!

 


住所 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
営業時間 8時45分~18時(令和7年3月までリニューアル工事のため休館中)
定休日 年末年始
料金 基本無料
アクセス JR札幌駅より徒歩約8分
駐車場 周辺に駐車場有
駐車料金 駐車場による
電話 011-231-4111
URL https://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kkd/akarenga.html

第4位 札幌市時計台

北海道の観光名所のおすすめ30選 4位:札幌市時計台
引用

札幌市時計台は、正式名称を旧札幌農学校演武場と言い、国の重要文化財に指定されている建物です。

現在は札幌のシンボル的な存在で、鐘の音で時間を知らせています。


日没以降は時計台がライトアップされるようにもなっており、夜も楽しめます。

撮影スポットとしても高い人気があり、撮りに来ている人も多いです。

北海道の観光名所のおすすめ30選 4位:札幌市時計台
                (引用)
建物内の1階は大展示室、2階はホールになっており、中に入り見学も可能です。

大展示室には旧札幌農学校演武場や時計台の歴史や歩みが記されている資料やパネルが展示してあり、それらを見て回れます。


時計台の今までの事をたくさん知る事ができ、良い学びの時間になります。

ホールにはクラーク博士の銅像や姉妹時計が設置してあり、間近で見たり写真を撮ったりして楽しめます。

北海道観光ガイド編集部
鐘の音で何時になったかがすぐに分かる
北海道観光ガイド編集部
北海道の歴史の勉強もできる!

こちらの動画もご参考ください!

 


住所 北海道札幌市中央区北1条西2丁目
営業時間 8時45分~17時10分
定休日 1月1日~1月3日
料金 大人個人:200円(高校生以下無料) 大人団体:180円(20名以上の場合)
アクセス JR札幌駅より徒歩約10分 地下鉄大通駅より徒歩約4分
駐車場 周辺に駐車場有
駐車料金 無料
電話 011-231-0838
URL http://sapporoshi-tokeidai.jp/

第5位 サッポロビール博物館

北海道の観光名所のおすすめ30選 5位:サッポロビール博物館引用

サッポロビール博物館は、日本国内で唯一となるビールの博物館です。
館内ではサッポロビールの歴史を学ぶ事ができ、それぞれの時代に何が起きたかが分かるようになります。


プレミアムツアー(有料)に参加するとビールの試飲も可能で、ビールが好きな人は是非参加してみて下さい。

ビールはここでしか飲めない限定の物であり、非常に貴重です。

北海道の観光名所のおすすめ30選 5位:サッポロビール博物館
                 (引用)
博物館を出た後はサッポロビール園で食事を取るのがおすすめです。

ジンギスカンホールやGARDEN GRILL、Lilacなどさまざまな食事処があり、美味しい料理をたくさん頂けるようになっています。


ジンギスカンとビールの組み合わせが特に良く、自然と食べる・飲むスピードも上がります。

中には北海道の食材を生かした料理もあり、こちらも是非食べてみて下さい。

北海道観光ガイド編集部
サッポロビールの努力が分かって、今までと見方が変わる
北海道観光ガイド編集部
館内でビールを飲む事ができてうれしい!

こちらの動画もご参考ください!

 


住所 北海道東区北7条東9丁目1-1
営業時間  10時~18時
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日
料金 基本無料(中には有料の物も有)
アクセス 函館本線苗穂駅より車で約8分 JR札幌駅より車で約8分
駐車場
駐車料金 有料(サッポロビール博物館を利用の際は6時間まで無料(認証が必要のためスタッフまでお尋ね下さい))
電話 0120-150-550
URL https://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

第6位 札幌市円山動物園

北海道の観光名所のおすすめ30選 6位:札幌市円山動物園引用

札幌市円山動物園は、1951年に開園した北海道の中で最も古い動物園です。
園内ではホッキョクグマやアジアゾウやアライグマなど非常にたくさんの動物を展示しています。

特に冬ではホッキョクグマやユキヒョウなど雪の中で元気に動く動物を見る事ができます。
ホッキョクグマは迫力が凄く、ずっと見ていても飽きないです。

北海道の観光名所のおすすめ30選 6位:札幌市円山動物園
                 (引用)
イベントも円山ZOOガイドや円山ZOOナイトツアー、実りの秋などさまざま行っています。

円山ZOOガイドでは飼育員から動物の生態などの詳しい解説を聞く事ができ、大人も一緒になって楽しめます。


円山ZOOナイトツアーでは夜の動物園に入って、夜の動物を見ながら回れます。

昼とはまた違った姿を楽しめる所が良く、人気も高いです。

北海道観光ガイド編集部
たくさんの動物を一度に見られて、どの動物も可愛い!
北海道観光ガイド編集部
冬の動物園は寒いですが、冬に活発な動物を見ると元気になれる!
 
住所 北海道札幌市中央区宮ケ丘3番地1
営業時間 3月1日~10月31日:9時30分~16時30分 11月1日~2月末日:9時30分~16時
定休日 毎月第2・第4水曜日(8月だけ第1・第4水曜日、祝日の場合は翌日)と4月・11月の第2水曜日を含むその週の月曜日~金曜日、12月29日~31日
料金 大人800円 高校生400円 小人(中学生以下)無料
アクセス 東西線円山公園駅より徒歩約15分 JR札幌駅より車で約15分
駐車場 有 円山公園第1公園(収容台数:683台) 円山公園第2公園(収容台数:276台)
駐車料金 有料 普通車(軽四輪車、小型特殊自動車を含む)700円、中型車(マイクロバス)1000円、大型車(バス、大型特殊自動車を含む)1200円、二輪車(自動二輪車)100円
電話 011-621-1426
URL https://www.city.sapporo.jp/zoo/

第7位 大倉山展望台

北海道の観光名所のおすすめ30選 7位:大倉山展望台引用

大倉山展望台は、札幌市内を一望できる展望施設です。
特に夜景が最高で、きらきらと輝いている札幌の街並みはずっと見ていられます。  

カフェも併設されていて、飲み物片手にゆったりと寛ぎながら見るのもおすすめです。

展望台への行き方は二人乗リフトとエスカレーターの2種類あり、乗っている際にも景色を堪能できるようになっていて、そちらにも注目です。

北海道の観光名所のおすすめ30選 7位:大倉山展望台
                (引用)
施設内には札幌オリンピックミュージアムもあります。

ミュージアム内には札幌オリンピックの貴重な資料や選手が使った用具などたくさん展示されていて、札幌オリンピックの歴史や当時の盛り上がりなどを知る事ができ、面白いです。


体感・体験コーナーではシミュレーターを使って、ジャンプの踏み切りやクロスカントリーのレース、ボブスレー滑走など色々な競技の体験もできます。

本当に選手になったかのような気分も味わえて、良い経験になります。

北海道観光ガイド編集部
目の前に素晴らしい夜景が広がっている!
北海道観光ガイド編集部
札幌オリンピックの事もたくさん学べる
 
住所 北海道札幌市中央区宮の森
営業時間 リフト 夏季(2022年4月29日~10月31日):8時30分~21時 冬季(2022年11月1日~2023年4月28日):9時~17時
定休日 リフト:2023年4月9日~4月21日は整備点検で運休、ジャンプ大会及び公式練習日は利用不可
料金 リフト:往復 大人(中学生以上)1000円、小人(小学生以下)500円 札幌オリンピックミュージアム入館料:大人(高校生以上)600円、小人(中学生以下)無料 セット料金(リフト+札幌オリンピックミュージアム):大人(高校生以上)1200円、大人(札幌市民割引、高校生以上)1000円
アクセス 東西線円山公園駅より車で約8分 JR札幌駅より車で約17分
駐車場 有 普通車113台、大型車15台
駐車料金 無料
電話 011-641-8585
URL https://okurayama-jump.jp/

第8位 白い恋人パーク

北海道の観光名所のおすすめ30選 8位:白い恋人パーク引用

白い恋人パークは、北海道の有名なお菓子の白い恋人で知られている有名なお菓子のテーマパークです。

パーク内にはスイーツワークショップ・ドリームキッチンやガリバータウン・ポッケなど遊び・体験スポットがさまざまあります。


スイーツワークショップ・ドリームキッチンはお菓子作りをできる場所で、友達や家族などと一緒に作って楽しめます。

コースも私の白い恋人焼き上げコースやチョコレートパイサンドコースなど色々揃っています。

北海道の観光名所のおすすめ30選 8位:白い恋人パーク
                (引用)
ガリバータウン・ポッケは小さいお店や家が立ち並んでいる、お子様向けの街です。

リアルなおままごとをしたりゲームで遊んだりなどでき、お子様もたくさん楽しめます。


他にはマジカルマルシェや白い恋人鉄道跡地など写真スポットとしておすすめの場所もあります。

インスタ映えを狙える写真を撮る事もでき、記念におすすめです。

北海道観光ガイド編集部
お菓子を自分の手で作って食べられる!
北海道観光ガイド編集部
頑張って作ったお菓子はより美味しく感じられる!
 
住所 北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
営業時間 10時~17時
定休日 年中無休
料金 入館料金 大人(高校生以上)800円(札幌市民料金だと500円)、子ども(4才~中学生)400円(札幌市民料金だと300円)、3歳以下無料
アクセス 地下鉄宮の沢駅より徒歩約7分 JR札幌駅より車で約21分
駐車場
駐車料金 無料
電話 011-666-1481
URL https://www.shiroikoibitopark.jp/

第9位 藻岩山

北海道の観光名所のおすすめ30選 9位:藻岩山引用

藻岩山は、札幌市の中心部に位置している標高531mの山です。
ロープウェイが稼働しているため、短時間でも藻岩山の山頂まで行く事ができます。  


山頂からは札幌市内を一望できるようになっていて、綺麗な・雄大な景色を楽しめます。

冬にはイルミネーションとの組み合わさった景色も見られて、一層キラキラ感が増していて最高です。

北海道の観光名所のおすすめ30選 9位:藻岩山
                 (引用)
展望台には「幸せの鐘」と呼ばれている鐘もあります。

「幸せの鐘」の周りの手摺に愛の鍵が取り付ける事ができ、その鍵に二人の名前を記して取り付けると、そのカップルは絶対に別れないと言う伝説があり、カップルに特に人気です。


鐘であるため実際に鳴らせるようにもなっており、是非鳴らしてみて下さい。

他には記念撮影スポットとしても有名で、写真を撮るのもおすすめです。

北海道観光ガイド編集部
ロープウェイにより簡単に山頂まで行ける
北海道観光ガイド編集部
特に夜景が素晴らしく、見惚れてしまう
 
住所 北海道札幌市南区藻岩山
営業時間 4月~11月:10時30分~21時30分 12月~3月:11時~22時(特別営業 12月31日:10時30分~17時、1月1日:11時~15時)
定休日 年次整備点検による休業期間:2023年3月27日~4月26日
料金 往復 大人:1400円 小人700円、片道 大人:700円、小人350円 ミニケーブルカーとのセット料金も有 セット料金 往復 大人:2100円 小人1050円、片道 大人:1050円、小人530円
アクセス 新千歳空港より車で約65分 JR札幌駅より車で約17分
駐車場 有 山麓駅駐車場:約120台、中腹駅前駐車場:約80台
駐車料金 無料
電話 011-561-8177
URL https://mt-moiwa.jp/

第10位 さっぽろ羊ヶ丘展望台

北海道の観光名所のおすすめ30選 10位:さっぽろ羊ヶ丘展望台

引用

さっぽろ羊ヶ丘展望台は、札幌の市街地にありながら豊かな自然が広がっている人気の展望台です。
展望台内にはクラーク博士の銅像が建っている事で有名で、その銅像の周りには毎回観光客のたくさんになっています。  

春には桜、夏にはラベンダー、秋には紅葉、冬には雪景色などそれぞれの季節で綺麗な景色を眺められます。
体験もラベンダー刈り取り体験などがあり、家族で一緒に参加して楽しめます。

北海道の観光名所のおすすめ30選 10位:さっぽろ羊ヶ丘展望台
                 (引用)
展望台内には羊ヶ丘レストハウスやさっぽろ雪まつり資料館など色々な施設もあります。

羊ヶ丘レストハウスではジンギスカンを食べられる所が魅力で、毎回たくさんの人が足を運んでいます。


ラム肉と野菜どちらも新鮮な物が使われているため美味しさ抜群です。

さっぽろ雪まつり資料館は雪まつりの歴史をパネルや写真などで説明している施設で、雪まつりについて詳しくなれます。

北海道観光ガイド編集部
クラーク博士の銅像がかっこいい!
北海道観光ガイド編集部
それぞれの季節を直に感じられる!
 
住所 北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
営業時間 9時~17時
定休日 年中無休
料金 大人530円(団体(30名以上)480円)、小中学生300円(団体(30名以上)270円)
アクセス JR札幌駅より車で約30分 新千歳空港より車で約46分
駐車場
駐車料金 無料
電話 011-851-3080
URL https://www.hitsujigaoka.jp/

第11位 青い池

北海道の観光名所のおすすめ30選 11位:青い池

引用

青い池は、水面が青く見える人造池で、今や北海道の人気の観光スポットの1つになっています。
季節や天候により色々な青の色に見える所も面白く、ずっと見ていても飽きないです。


池内にある立ち枯れたカラ松もまた良い雰囲気を出していて、青い池の魅力をアップさせています。

池を囲むようにして遊歩道も整備されており、間近で見ながら歩く事もできます。

北海道の観光名所のおすすめ30選 11位:青い池
                    (引用)
11月~4月の期間限定でライトアップを行っている所もポイントです。

ライトアップ時の青い池は幻想感が増していて、昼とはまた違った姿に出会う事ができます。


ライトアップの開始時間はそれぞれの月で異なっているため事前に確認しておきましょう。

すぐ近くには有料ですが、駐車場も整備されていて車でも行きやすく便利です。

北海道観光ガイド編集部
本当に青く見えて不思議!
北海道観光ガイド編集部
年中ライトアップされた青い池も綺麗で、また来たくなる!
住所 北海道上川郡美瑛町白金
営業時間 特になし
定休日 特になし
料金 基本無料
アクセス 富良野線上富良野駅より車で約20分JR美瑛駅より車で約20分 (冬は車道が通行止めになる所があるため車で行く際は注意が必要)  
駐車場 有 普通車270台 バス27台
駐車料金 二輪自動車(原付を含む):1回100円 普通自動車:1回500円 小型自動車:1回500円 軽自動車:1回500円 マイクロバス(定員11人以上~29人以下):1回1000円 バス(定員30人以上):1回2000円
電話 0166-94-3355
URL https://www.biei-hokkaido.jp/ja/sightseeing/shirogane-blue-pond/

第12位 旭山動物園

北海道の観光名所のおすすめ30選 12位:旭山動物園
引用

旭山動物園は、1967年にオープンした動物園で、昔からずっと地元に人に愛されながら営業を続けています。
園内にはホッキョクグマやフラミンゴ、アザラシなど100種類を超える動物がいて、どの動物も可愛く癒されます。  


こども牧場に行けば、動物をただ見るだけではなく触る事もできます。

触れる動物はモルモットやカイウサギ、ヤギ、羊などさまざまいます。

北海道の観光名所のおすすめ30選 12位:旭山動物園
                   (引用)
夏頃には夜の動物園と言うイベントも開催しています。

普段入れない夜に動物園に入る事が可能で、夜の動物を見られて、とても貴重な体験をできます。  


毎日行っているもぐもぐタイムやなるほどガイドなども人気です。

動物がご飯を食べている様子を見たり動物の解説を聞いたりでき、こちらも面白いです。

北海道観光ガイド編集部
ホッキョクグマは特に大きく、迫力が凄い!
北海道観光ガイド編集部
夜に動物園に入って、ドキドキしながら動物を見られる
 
住所 北海道旭川市東旭川町倉沼
営業時間 夏季開園
2023年4月29日~2023年10月15日は9時30分~17時15分
2023年10月16日~2023年11月3日は9時30分~16時30分

夜の動物園
2023年8月10日~2023年8月16日は9時30分~21時

冬季開園
2023年11月11日~2024年4月7日は10時30分~15時30分
定休日 2023年4月10日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2024年1月1日
定休日 2023年4月10日~4月28日、11月4日~11月10日、12月30日~2024年1月1日
料金 通常料金 大人(高校生以上)1000円(市民特別料金は700円)団体 900円((市民特別料金は600円)おもてなし券1000円動物園パスポート1400円科学館共通パスポート2230円
アクセス JR旭川駅より車で約23分 石北本線桜岡駅より車で約10分
駐車場 複数有(合計で2000台以上の車を停める事ができる)
駐車料金 無料の所と有料の所が有
電話 0154-41-5809
URL https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

第13位 小樽運河

北海道の観光名所のおすすめ30選 13位:小樽運河
引用

小樽運河は、北海道の開拓の玄関口として発展していた場所で、現在は人気の観光スポットの1つになっています。
運河内には当時のまま残されている石造倉庫群(中は再利用されている)があり、レトロな雰囲を感じながら歩く事ができます。

63基のガス灯が設置されている所もポイントで、夕方になると灯ります。
より幻想的な雰囲気になり、昼とは違った感覚を味わえます。

北海道の観光名所のおすすめ30選 13位:小樽運河
                   (引用)
小樽運河をより楽しみたい時には小樽運河クルーズを利用してみるのもおすすめです。

小樽運河クルーズは運河と小樽港を船で約40分間で巡る事ができるアクティビティで、人気も高い物があります。


今までとは違ったアングルから運河を見られる上に、風も非常に気持ちよいです。

夜にはナイトクルーズも行っていて、夜の運河を楽しむ事もできます。

北海道観光ガイド編集部
運河やレトロな建物を見て観光できる!
北海道観光ガイド編集部
ガス灯で照らされた小樽運河は綺麗で、ロマンチック!
 
住所 北海道小樽市港町5小樽運河
営業時間 (ガス灯 点灯時間 小樽運河散策路:日没~24時(6月~8月は18時~24時) 北運河散策路:光センサーで点灯・消灯(6月~8月は18時~翌4時) 運河プラザ前ガス灯:日没~24時 運河倉庫群ライトアップ:日没~22時30分 (小樽雪あかりの路期間中は、ガス灯の点灯は15時~))
定休日 特になし
料金 基本無料
アクセス 函館本線小樽駅より徒歩約12分
駐車場 周辺に駐車場有
駐車料金 駐車場による
電話
URL https://www.city.otaru.lg.jp/docs/2020100900367/

第14位 函館山

北海道の観光名所のおすすめ30選 14位:函館山引用

函館山は、函館の南西部に位置している山です。
山頂には展望台が作られていて、そこから見る夜景はときらきらとしていて特に美しいです。

ロープウェイがある事により山頂にも簡単に行く事ができ、便利です。
ロープウェイの中からも景色を眺められて、山頂からの景色に負けていないです。

北海道の観光名所のおすすめ30選 14位:函館山
                   (引用)
函館山内にはいくつものハイキングコースがある所もポイントです。

自然をより近くで味わいながら頂上付近まで歩く事ができ、こちらを利用してみるのもおすすめです。


ロープウェイで登るのとはまた違った発見もたくさんあり、面白いです。

コースの中には短い物もあり、登山初心者も比較的挑戦しやすくもなっています。

北海道観光ガイド編集部
山頂と展望台のどちらからでも景色を楽しめる!
北海道観光ガイド編集部
ロープウェイに乗るのが楽しい
 
住所 北海道函館市函館山
営業時間 ロープウェイ始発11時30分、上り最終21時50分、下り最終22時
定休日 法定整備点検のため、秋にロープウェイの運休有
料金 普通運賃 往復 大人(中学生以上)1500円、小人700円 片道 大人(中学生以上)700円、小人500円
アクセス JR函館駅より車で約15分
駐車場 有 函館山山麓観光駐車場(市営:47台(内1台は身障者用)、民営39台(内1台は身障者用))
駐車料金 1時間まで200円で、それ以降30分ごとに100円
電話 0138-23-3105
URL https://334.co.jp/

第15位 新千歳空港

北海道の観光名所のおすすめ30選 15位:新千歳空港引用

新千歳空港は、1988年に民間機専用空港として開港した空港で、現在は毎日のようにたくさんの飛行機が飛び交っています。
空港内にはショップや飲食店、遊びスポット、温泉など色々な店舗・施設がある所もポイントです。  


特におすすめのショップは北海道本舗 総合土産店です。

北海道を代表するスイーツや農産品・畜産品、ワイン、地ビールなどたくさんの商品が揃っていて、お土産を購入する際に非常に役に立ちます。

北海道の観光名所のおすすめ30選 15位:新千歳空港
                   (引用)
遊びスポットはアピナ新千歳空港店やドラえもんわくわくスカイパーク、ハローキティ ハッピーフライトなどがあります。

アピナ新千歳空港店にはクレーンゲームやプリクラなどゲームがさまざま並んでいて、飛行機の待ち時間に気軽に遊ぶ事ができます。


ハローキティ ハッピーフライトではサンリオキャラクターと一緒に旅気分を味わえる施設です。

フォトスポットも色々設置されていて、サンリオキャラクターと写真も撮る事ができ、良い思い出になります。

北海道観光ガイド編集部
空港の中にたくさんのお店や施設があって驚き!
北海道観光ガイド編集部
空港内で一日楽しく過ごせる!
 
住所 北海道千歳市美々
営業時間 店舗により異なる
定休日 店舗により異なる
料金 店舗により異なる
アクセス JR札幌駅より車で約50分 JR旭川駅より車で約130分
駐車場 有 A駐車場1800台、B駐車場2416台、C駐車場304台
駐車料金 A~Cのそれぞれの駐車場により異なる 施設・店舗の利用で割引・無料有
電話 0123-23-0111
URL https://www.new-chitose-airport.jp/ja/

第16位 神の子池

北海道の観光名所のおすすめ30選 16位:神の子池引用

神の子池は、摩周湖の伏流水からできた池と言われています。
他の池と比べると周囲220m、水深5mと小さめですが、非常に綺麗な水の色をしている上に神秘的な雰囲気もあり、観光客に高い人気を誇っています。

池に倒れている木も良い雰囲気を醸し出しています。

北海道観光ガイド編集部
池の水がとても透き通っていて美しい!
北海道観光ガイド編集部
一歩足を踏み入れるだけでも心が洗われる!
 
住所 北海道斜里郡清里町清泉
営業時間 特になし
定休日 特になし
料金 基本無料
アクセス 釧網本線緑駅より車で約16分 JR釧路駅より車で約120分
駐車場
駐車料金 無料
電話 0152-25-4111
URL https://www.kiyosatokankou.com/kaminokoike.html

第17位 ファーム富田

北海道の観光名所のおすすめ30選 17位:ファーム富田引用

ファーム富田は、広大なラベンダー畑で有名な園です。
ラベンダーの見頃は7月中旬~下旬で、その頃は一面にラベンダーが咲き誇り、非常に美しいです。  

ドライフラワーの舎や香水の舎など施設が充実している所もポイントです。
ドライフラワーや香水、雑貨などさまざまな物を販売していて、買い物も楽しめます。

北海道観光ガイド編集部
一面に咲いているラベンダーが凄い!
北海道観光ガイド編集部
ラベンダー以外にも綺麗な花がたくさんある!
 
住所 北海道空知郡中富良野町基線北15号
営業時間 花畑は24時間開放(店舗はそれぞれで異なる)
定休日 年中無休
料金 基本無料
アクセス 富良野線ラベンダー畑駅より徒歩約6分 JR旭川駅より車で約50分
駐車場 有 乗用車約500台、バス約30台
駐車料金 無料
電話 0167-39-3939
URL https://www.farm-tomita.co.jp/

第18位 四季彩の丘

北海道の観光名所のおすすめ30選 18位:四季彩の丘引用

四季彩の丘は、約15万㎡の非常に広い畑がある展望花畑です。
畑には季節になるとチューリップやヒマワリなど花が一面に咲き誇っており、とても綺麗です。  

遊歩道が整備されているため畑の中を歩く事ができ、間近で花を眺められます。
アルパカと触れ合えるアルパカ牧場がある所もポイントで、人気です。

北海道観光ガイド編集部
一面に花が咲いていて、圧倒される
北海道観光ガイド編集部
カップルで楽しめるためデートスポットにもおすすめ
 
住所 北海道上川郡美瑛町新星 第3
営業時間 1月~4月:9時10分~17時、5月と10月:8時40分~17時、8月~9月:8時40分~17時30分、11月~12月:9時10分~16時30分 (アルパカ牧場は閉園30分前CLOSE)
定休日 年中無休(施設はそれぞれ異なる)
料金 入場料金(7月~9月) 高校生以上:500円 小・中学生:300円 障がい者(高校生以上)・団体(大人10名以上):400円 障がい者(小・中学生)・団体(小人10名以上):200円
アクセス JR函館駅より車で約15分
駐車場 有 乗用車300台、バス30台
駐車料金 6月15日~9月末まで1日500円
電話 0166-95-2758
URL https://www.shikisainooka.jp/

第19位 オンネトー

北海道の観光名所のおすすめ30選 19位:オンネトー引用

オンネトーは、雌阿寒岳の麓に位置している周囲2.5kmの小さめの湖です。
その時の季節や天候、見るアングルによって湖の色が澄んだ青色やダークブルー、エメラルドグリーンなどさまざまな色に見えるようになっていて不思議です。

展望台も設けられていて、オンネトーと雌阿寒岳を一緒に見る事ができ、より綺麗な景色を楽しめます。

北海道観光ガイド編集部
湖の色が変わって見えて、不思議な体験をできる!
北海道観光ガイド編集部
周りは非常に静かで、ゆったりと過ごせる!
 
住所 北海道足寄郡足寄町茂足寄
営業時間 特になし
定休日  特になし
料金 基本無料
アクセス 根室本線大楽毛駅より車で約80分 JR釧路駅より車で約95分
駐車場 有 10台
駐車料金 無料
電話 0156-25-6131(NPO法人 あしょろ観光協会)
URL https://www.town.ashoro.hokkaido.jp/kanko/spot/onneto_area/spot-13.html

第20位 阿寒湖

北海道の観光名所のおすすめ30選 20位:阿寒湖
引用

阿寒湖は、阿寒摩周国立公園の中にある面積13㎢の綺麗な湖です。
マリモが繁殖する地として知られていて、観光スポットとしても高い人気を誇ります。

阿寒湖エコミュージアムセンターに行くと阿寒湖と阿寒摩周国立公園の自然について学ぶ事ができ、今まで知らなかった事もたくさん知られるため面白いです。

北海道観光ガイド編集部
大きな湖で、見応えがある!
北海道観光ガイド編集部
非常に静かなので、ゆったりと散歩できる!
 
住所 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
営業時間 特になし
定休日 特になし
料金 基本無料
アクセス 釧網本線摩周駅より車で約73分 JR釧路駅より車で約95分
駐車場 複数有
駐車料金 有料
電話 0154-67-4400(阿寒湖まりむ館)
URL https://ja.kushiro-lakeakan.com/

第21位 千歳アウトレットモール・レラ

北海道の観光名所のおすすめ30選 21位:千歳アウトレットモール・レラ
引用

千歳アウトレットモール・レラは、千歳にある大型アウトレットモールです。

南千歳駅より徒歩約2分と非常に近い上に新千歳空港とを結んでいる無料シャトルバスもあり、アクセスしやすいです。


施設内にはファッションショップや雑貨店などたくさんのお店が入っていて、ショッピングを気軽に楽しめます。

広いドッグランが作られている所も良く、愛犬を遊ばせる事もできます。

北海道観光ガイド編集部
お店が多く、1日を通してずっと楽しめる!